レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展

このイベントは終了しています

2016年03月19日(土)〜2016年05月29日(日)

レオナルド・ダ・ヴィンチの未完の大壁画計画『アンギアーリの戦い』は、シニョリーア宮殿を舞台にレオナルドとミケランジェロが戦闘画において競演したエピソードは大変有名です。レオナルドの壁画と同じ広間に描かれるはずだった『カッシナの戦い』についてもミケランジェロの原寸大下絵に基づく模写によって知ることができるのみで、その計画の全貌はいまだ明らかにされていない。レオナルドはこの壁画を完成させることができず、最終的に1560年代にジョルジョ・ヴァザーリの新たな壁画装飾によって覆われてしまった。

本展のメイン作品は、失われたレオナルドの壁画の中心部分をなす『タヴォラ・ドーリア』として知られる16世紀の油彩画。ミケランジェロが構想した壁画の原寸大下絵を模写した、16世紀の板絵『カッシナの戦い』も出品される。どちらも日本初公開。

会期
2016年3月19日(土)〜5月29日(日)
休館日
毎週月曜日(ただし3月21日,5月2日は開館),3月22日(火)
会場
宮城県美術館(仙台市青葉区川内元支倉34-1)
観覧料
一般:1,300円、学生:900円、小・中学生・高校生:500円
主催
宮城県美術館、河北新報社、ミヤギテレビ
特別後援
イタリア共和国大統領
後援
外務省,文化庁,
イタリア文化財・文化活動・観光省、イタリア大使館、イタリア文化会館、フィレンツェ市、
仙台市教育委員会、NHK仙台放送局、TBC東北放送、仙台放送、KHB東日本放送、エフエム仙台
特別協賛
セコム、日本製紙
協賛
大林組、関電工、大日本印刷、みずほ信託銀行
協力
NHKエデュケーショナル、アリタリア-イタリア航空、日本航空、アルテリア、ヤマトロジスティクス
企画協力
東京富士美術館
詳細
http://davinci-mmt.tv/
スポンサーリンク