挾土秀平 × 原田進 × 小林隆男 × 宇野勇治 × 西田司「職人がいる町、塗り壁のある暮らし — その終焉がもたらすもの」

このイベントは終了しています

2016年06月13日(月)

日本の左官文化の魅力、「普通の壁」の優しさを見つめなおし、その豊かさを失いつつある現状と私たちの住まい、暮らしについて考える。

日程
2016年6月13日(月) 18:00-20:00 (開場17:00)
出演者
挾土秀平(左官)、原田進(左官)、小林隆男(左官)
宇野勇治(建築家、愛知産業大学准教授)
西田司(建築家・オンデザインパートナーズ)ほか
(敬称略)
会場
東京大学弥生講堂一条ホール(東京都文京区弥生1-1-1 東京大学農学部内)
料金
一般 1,500円(前売りチケット1,200円)日本左官会議 会員 1,000円
定員
250名(先着順)
主催
公益社団法人 日本左官会議
詳細
http://www.sakanjapan.com/blog/?p=588
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク