山本龍 × 宮崎晃吉 × 井村晋作 × 藤原芳博 × 小泉亙「まちの種の育て方」

このイベントは終了しています

2017年01月29日(日)

2016年6月に公社社団法人日本建築家協会(JIA)関東甲信越支部大会2016群馬にて「ここにあるタカラもの・空き家空き地コンペ」を開催いたしました。

前橋市本町二丁目の前橋八幡宮周辺地域をモデルとし、全国の若い世代から数多くの応募がありました。地域の魅力と資源を活用した様々な提案がなされ、これらは彩り豊かな実をつけるコミュニティビジネスの種といえます。

この種をどう育てるか。台東区谷中での空き家を活用した先進事例に学び、コンペという種の育て方、コミュニティワークを考えます。

日程
2017年1月29日(日)13:30〜16:30(13:00より受付)
出演
・基調講演
山本 龍(前橋市長)

・講演
「まちの宝を見つける目」宮崎晃吉

・コンペ紹介
「ここにあるタカラもの・空き家空き地コンペ」長井淳一

・パネルディスカッション
「まちの種の育て方」
パネリスト 山本龍(前橋市長)、宮崎晃吉(HAGI STUDIO代表)、井村晋作(コンペ入選者「こどもカンパニー」)、藤原芳博(コンペ入選者「三角州プロジェクト」)、小泉亙(前橋八幡宮神職)
コーディネーター 長井淳一(JIA)
(敬称略)

会場
前橋文学館 3階 ホール(群馬県前橋市千代田町三丁目12-10)
料金
無料
定員
100名(先着順)
主催
JIA関東甲信越支部、前橋市
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク