小林 章「Monotypeの日本語書体 たづがね角ゴシックができるまで」『Typography11』刊行記念

このイベントは終了しています

2017年05月13日(土)

『Typography11』の刊行を記念して、同誌特集記事で紹介しているMonotypeの日本語書体「たづがね角ゴシック」制作についてのトークイベントを開催します。書体制作に携わったタイプディレクターの小林章さんと制作スタッフの皆様をお招きして、書体が完成するまでのプロセスを詳しくお聞きします。

たづがね角ゴシックは、欧文書体Neue Frutigerと組み合わせられるように開発された日本語書体です。欧文部分には和文に合わせて調整されたNeue Frutigerが搭載されているため、和欧混植をスムーズに行うことができます。10種類のウェイトが揃ったこの書体が、限られた時間とスタッフでどのように制作されたのか、Monotype日本語書体制作チームにじっくりとお話をうかがいます。

TypeTalksは、会場の皆様から質問をいただきながら進行する双方向のトークイベントなので、素朴な疑問やディープな質問も大歓迎です。ドイツ在住のタイプディレクター、小林章さんをはじめ、書体制作にたずさわったメンバーが揃うこの機会にぜひ直接、気になる質問をぶつけてください。話題の書体について思う存分語り合いましょう!

日程
2017年5月13日(土)18:00〜20:00
出演
小林 章
たづがね角ゴシック制作スタッフ
(敬称略)
会場
青山ブックセンター本店(東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B2F )
料金
1,944円(税込)
定員
100名
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク

ページ上へ