仙田 満「地域活性化を促す公共建築」 みちのくの風 2017 秋田

2017年06月17日(土)

地方創生は各地方はもとより国政レベルでも最重要課題の一つであり、総力を挙げて取組まないと前に進みません。そのなかでも建築分野のとりわけ公共建築はそのありようによって、地域活性化に大きな役割を果たすことができるものです。

計画系招待講演では庁舎、博物館・科学館、スポーツ施設、学校、公的住宅、さらにアーバンランドスケープ等の様々な分野において独自の「遊環構造理論」に基づき数々の公共建築を手がけてこられた仙田満先生に、これからの公共建築のあり方を語ってもらいます。

日程
2017年6月17日(土)10:30~12:30
出演
仙田 満(東京工業大学名誉教授/株式会社環境デザイン研究所会長/日本建築学会元会長)
(敬称略)
料金
無料
主催
日本建築学会東北支部
会場
由利本荘市文化交流会館カダーレ 3F自然科学教室2(秋田県由利本荘市東町15)
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク

ページ上へ