安藤忠雄・五十嵐淳・石山修武・伊東豊雄・乾久美子・島田陽・中山英之・藤本壮介・藤森照信 ほか「日本の家 1945年以降の建築と暮らし」

2017年07月19日(水)〜2017年10月29日(日)

本展は日本の建築家56組による75件の住宅建築を、400点を超える模型、図面、写真、映像などを通して紹介する壮大な試みです。

時系列ではなくテーマごとの展示になっているので、「日本の家」の特徴を深く理解いただけます。

2016年秋からローマ、ロンドンを巡回し、いよいよ東京で開幕します。

日程
2017年7月19日(水)~10月29日(日)10:00-17:00(金・土曜は10:00-21:00)
※入館は閉館30分前まで
休み
月曜(9/18、10/9は開館)、9/19(火)、10/10(火)
料金
一般1,200円、大学生800円
出品建築家
相田武文、青木淳、東孝光、アトリエ・ワン(塚本由晴+貝島桃代)、阿部勤、安藤忠雄、五十嵐淳、生物建築舎(藤野高志)、生田勉、池辺陽、石山修武、伊東豊雄、乾久美子、o+h(大西麻貴+百田有希)、大野勝彦+積水化学工業、岡啓輔、柄沢祐輔、菊竹清訓、岸和郎、隈研吾、黒川紀章、黒沢隆、金野千恵、坂倉準三、坂本一成、篠原一男、篠原聡子、島田陽、白井晟一、清家清、妹島和世、丹下健三、手塚建築研究所(手塚貴晴+手塚由比)、dot architects(家成俊勝+赤代武志)、中川エリカ、中山英之、難波和彦、西沢大良、西沢立衛、西田司、長谷川逸子、長谷川豪、広瀬鎌二、藤井博巳、藤本壮介、藤森照信、前川國男、増沢洵、宮本佳明、無印良品、毛綱毅曠、山下和正、山本理顕、吉阪隆正、吉村順三、アントニン・レーモンド(敬称略)
主催
東京国立近代美術館、国際交流基金
企画協力
MAXXI国立21世紀美術館、バービカン・センター
会場
東京国立近代美術館 1F 企画展ギャラリー(千代田区北の丸公園3-1)
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク

ページ上へ