保坂健二朗 × 島田陽 × 本橋仁「家と建築と展覧会と- 『日本の家 1945年以降の建築と暮らし』展を語る –」

このイベントは終了しています

2017年07月29日(土)

現在、東京国立近代美術館で開催中の『日本の家 1945年以降の建築と暮らし』展。戦後の日本の住宅建築が一貫して示してきた暮らしのラディカルさを「大地のコンクリート」「遊戯性」「家族を批評する」などの13のテーマから読み解き紹介しています。

今回、この「日本の家」展キュレーターの保坂健二朗氏を招き、展示のコンセプトや見所、実現までの経緯についてご紹介いただきます。加えて、今回「六甲の住居」を出品されている建築家の島田陽氏、さらに2014年のベネチア建築ビエンナーレ日本館に関わり、現在は建築史を専門とする研究員として京都国立近代美術館に所属されている本橋仁氏にご参加いただきます。キュレーター、建築家、建築史という異なる立場から「日本の家」という展覧会を語る中から、なぜ今住宅なのか、またそれを展覧会としてみせるとはどういうことなのかについて迫ります。

日程
2017年7月29日(土)19時〜20時30分
出演
保坂健二朗(『日本の家』展キュレーター、東京国立近代美術館主任研究員)
島田陽(建築家、『日本の家』展出展者)
本橋仁(建築史家、京都国立近代美術館特定研究員)
司会:川勝真一(RAD)
(敬称略)
料金
500円
定員
50名(先着順)
主催
RAD
会場
mediashop(京都府京都市中京区河原町通三条下る大黒町44)
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク