アジール・フロッタン再生展 —浮かぶ避難所 ル・コルビュジエが見た争乱・難民・抵抗—

このイベントは終了しています

2017年08月05日(土)〜2017年08月22日(火)

ル・コルビュジエが世界救世軍の依頼により、浮かぶ建築とも言える『アジール・フロッタン』(浮かぶ避難所)を設計したことを知る人は少ない。

『アジール・フロッタン』は第 1 次世界大戦の混乱により、パリ市内にいた女性難民の収容を目的として1929年に完成したものである。ル・コルビュジエはコンクリートの箱型の船体だけの状態に柱と屋根・水平窓の増築を行い、近代建築としての理想的内部空間を実現している。そして、今もノートルダム大聖堂から上流1キロのセーヌ川左岸に浮かんでいる。

今世紀に入り、老朽化により建築としての機能を失っていたが、2005年からミシェル・カンタル=デュパール氏ら5名の有志によって修復工事が行われ、今秋に日本から寄贈される桟橋が設置され、2018年から再び機能ある建築として蘇る。

この再生を期にル・コルビュジエ財団から提供された完成当時の資料や現在の写真・映像などにより、アジール・フロッタンを紹介する。また、来春アジール・フロッタン内部で行なわれる現代日本建築家を紹介する『アジール・フロッタン JAPAN ARCHITECT展』(仮)とも連携している。

日程
2017年8月5日(土)〜8月22日(火)10時〜19時
料金
無料
主催
遠藤秀平建築研究所
共催
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン
企画
アジール・フロッタン再生展実行委員会
特別展示
ホンマタカシ
プロデューサー
遠藤秀平(建築家・神戸大学教授)
キュレーター
五十嵐太郎(建築史家・東北大学教授)
会場
ASJ TOKYO CELL(東京都千代田区丸の内3-4-2 新日石ビル1F)
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク