徳島県が誇る2つのblue LED・藍を活用した新たなマーケット

2017年11月09日(木)

徳島県は世界最大級の高品質なLEDの生産拠点です。2005年にLED関連産業の集積を図る「LEDバレイ構想」を策定し、現在、140社を超える関連企業が立地しています。2015年からは、「LEDバレイ徳島」の世界展開を目指し、大学の新用途研究シーズを活用した高付加価値なLED応用製品の開発をはじめ、海外市場における販路開拓に積極的に取り組んでいます。また、徳島県は、国内外から「JAPAN BLUE」と称される「藍」発祥の地であり、「すくも」による伝統的な藍染はもとより、「沈殿藍」を活用した新分野の製品開発の発信地となっています。

本セミナーは、徳島県が誇る「LED」と「藍」を活かした新たな事業展開を発信し、住宅関連等における今後の活用を紹介するものです。木材や瓦など、天然藍を使用した藍染の建材やさまざまな藍染木工製品等についても提案し、今後の需要が見込まれる住宅やホテルをはじめ、自動車の内装など、新たなマーケットへの応用と可能性について実際の製品を展示しながら解説します。さらに「LED」と「藍」を活用した新たな製品開発やブランディング、海外大規模展示会からの発信とともに、本取組みと参画メリット等を紹介します。なお、セミナー終了後に交流会を開催します。

日程
2017年11月9日(木)18時~19時
19:00~交流会
出演
桒原大輔(徳島県商工労働観光部新未来産業課LED推進担当)
小濱利郎(大利木材株式会社専務取締役)
(敬称略)
料金
無料
定員
60名(事前申し込み制)
主催
リビングデザインセンターOZONE
会場
リビングデザインセンターOZONE 8F セミナールーム(東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー)
  • 新宿 JR「新宿」駅南口から徒歩 約12分、都営新宿線「京王新線新宿」駅から徒歩 約10分
  • 初台 京王新線 「初台」駅から徒歩 約6分
  • 都庁前 都営大江戸線「都庁前」駅 A4出口から徒歩 約8分
  • 参宮橋 小田急線「参宮橋」駅から徒歩 約10分
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク