山口直孝・橋本あゆみ・石橋正孝・國分功一郎「歴史の総合者とは何か?」
大西巨人の単行本未収録批評文集『歴史の総合者として』(幻戯書房)刊行記念トークイベント

2017年11月10日(金)

大長篇小説『神聖喜劇』で名高い小説家の大西巨人は、敗戦直後、批評家として出発しました。
卓越した読み手の存在を世間に印象づける書評、映画評を世に問い、晩年に至るまで、小説執筆と並行して優れた批評を続々と発表。

志賀直哉批判、ハンセン病問題、「神聖な義務」論争に象徴される障がい者の権利に関する発言、「俗情との結託」批判等々、同時代の社会・文学状況に対して鋭利な問題提起を重ねてきました。
今回大西巨人の単行本未収録の批評文を集成した本書の刊行を期に、表象文化論学会協賛のもと、大西巨人研究の最前線において「批評家・大西巨人」の仕事を改めて再考、今日的な問題提起の数々に応答を試みる、異例の学術トークショーを開催いたします。

哲学者の國分功一郎(高崎経済大学)さん司会進行のもと、本書の編者で、大西巨人の研究者である山口直孝さん(二松学舎大学)と橋本あゆみさん、大西巨人についての評論書も執筆している石橋正孝さん(立教大学)の3名の発表者が登壇。
白熱するアカデミックな議論にご期待ください!

日程
2017年11月10日(金)19時30分~(19時開場)
当日受付:丸善池袋店1Fエスカレータ横カウンター
出演
山口直孝(二松學舍大学文学部教授)
橋本あゆみ(早稲田大学大学院文学研究科研究生)
石橋正孝(立教大学観光学部交流文化学科助教)
司会:國分功一郎(高崎経済大学准教授)
(敬称略)
料金
1,000円(要予約)
会場
丸善池袋店2Fイベントスペース(東京都豊島区南池袋2丁目25番5号 藤久ビル東5号館)
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク