房野圭・藤村龍至 「東京の住宅地」視察会 鳩山ニュータウンにおける 「生涯活躍のまち」の試み

2017年12月10日(日)

「東京の住宅地」視察会鳩山ニュータウンにおける「生涯活躍のまち」の試み1970年代から開発が開始された鳩山ニュータウンは、建物の老朽化と入居者の高齢・少子化、人口減少が進むオールドニュータウン問題をかかえている。日本版CCRC(生涯活躍のまち)を実現するため、ニュータウン一帯を「生涯活躍のまち」として捉え機能整備を進めているまちを視察する。

日程
2017年12月10日(日)13時〜16時
スケジュール
13時 高坂駅改札口集合
13時6分発の路線バスで鳩山ニュータウンへ移動
13時30分〜14時まで、ふれあいセンター周辺の見学
14時〜15時 ふれあいセンター研修室で藤村先生と鳩山町役場房野さんからご説明
15時〜16時 ニュータウン内を歩いて見学
16時 現地解散
終了後、駅周辺のお店で懇親会を予定しています(実費)。
出演
房野圭悟(鳩山町役場)
藤村龍至(東京藝術大学・鳩山町コミュニティマルシェ総合ディレクター)
(敬称略)
料金
一般1000円、学生無料
資料代別「東京の住宅地第四版」頒布価格1,500円
定員
20名(申込み先着順)
申し込みページ
https://www.aij.or.jp/event/detail.html?productId=612765
主催
日本建築学会 関東支部 住宅問題専門研究委員会
スポンサーリンク