宇野常寛「福岡から戦後(アニメーション)の遺産と、日本のこれからを考える~」
『母性のディストピア』刊行記念

2017年12月15日(金)

集英社『母性のディストピア』刊行記念といたしまして、著者であり批評誌「PLANETS」編集長、批評家の宇野常寛さんを東京よりお招きしたトークイベントを開催いたします。

宮﨑駿、富野由悠季、押井守といった戦後アニメーションの巨人たちの作家論を軸にして、
アニメから日本の戦後の精神史への批評を試みた渾身の一冊『母性のディストピア』について、
著者本人に語り尽くしていただくまたとない機会となりますので、みなさま奮ってご参加くださいませ!

日程
2017年12月15日(金)18時30分~21時(開場18時)
出演
宇野常寛
(敬称略)
料金
1,000円
会場
天神MMTビル6階天神カンファレンスセンターRoomC(ジュンク堂書店福岡店の入っているビルの6階)
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク