槇文彦 × 北山恒「そして、舟は行く ――危機の時代、建築家はどう闘うか」

2017年12月11日(月)

『残像のモダニズム』(岩波書店)を9月に刊行した槇文彦氏、『モダニズムの臨界』(NTT出版)を8月に刊行した北山恒氏、世代の異なる二人の建築家が、建築をつくりつづけることの困難と歓びを語り合います。

「モダニズム」という言葉が冠された2冊の書籍が、奇しくも同時期に刊行されました。20世紀を牽引してきたモダニズムの只中をまさに生きてきた槇文彦氏による『残像のモダニズム』と、モダニズムの折り返し地点ともいえる20世紀半ばに生まれ、その先を見据え、異なる建築を構想してきた北山恒氏による『モダニズムの臨界』。モダニズムへの態度はそれぞれ異なれども、互いの思考の鋭さと深さに、二人の建築家は世代を超えて敬意を示しあってきました。

本イベントは、槇氏と北山氏の両著作の刊行を記念して、モダニズムから遠く離れ、建築家であることが困難に見えるこの時代に、それでも建築家であり続けることの歓びと希望を語りあいます。

日程
2017年12月11日(月)19時~21時
出演
槇文彦
北山恒
司会・真壁智治
(敬称略)
料金
下記のいずれかをご購入で参加いただけます。
・イベント参加券:2,000円/税込
・『残像のモダニズム』(岩波書店):5,616円/税込
・『モダニズムの臨界』(NTT出版、2,808円/税込)+イベント参加券:3,808円/税込
定員
50名
主催
銀座 蔦屋書店
協力
岩波書店、NTT出版
会場
銀座 蔦屋書店(東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 6F)
地下鉄
銀座駅 A3出口 徒歩2分
東銀座駅 A1出口 徒歩3分
JR
有楽町駅 徒歩約10分
新橋駅 徒歩約10分
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク