宇野維正 × 荏開津広「小沢健二について、これまで語られてこなかったこと」『小沢健二の帰還』(岩波書店)刊行記念

2017年12月03日(日)

小沢健二の活動を、長年、音楽ジャーナリストとして、そして一人のファンとして追いかけてきた宇野維正さんによる著書『小沢健二の帰還』(岩波書店)は、発売前から大きな注目を集めています。

小沢健二の19年におよぶ「空白期」。その間に公表されたすべての資料を読み解き、その活動に新たな光を照らす、入魂の一冊です。

小沢健二が帰還した記念すべき2017年、師走の日曜の昼下がり。発売されたばかりのこの本を手に、宇野維正さんが、90年代にDJやジャーナリストとして小沢健二とも近い場所で活躍し、現在もその画期的内容で話題を集めているヒップホップ論「東京/ブロンクス/HIPHOP」(リアルサウンドで連載中)をはじめ精力的な活動を続けている荏開津広さんと、小沢健二について語り合います。

「『LIFE』以降の小沢健二の音楽を語る上でヒップホップは最も重要な要素」とする宇野維正さんと、『Eclectic』リリース時に小沢健二がおこなった音楽ジャーナリストとの最後のインタビュー(の一つ)も手がけていた荏開津広さん。

小沢健二とヒップホップといえば誰もがまず「今夜はブギーバック」を連想するわけですが、その裏にあったもの、そしてその先にあったものを検証し、語り合う、すべての小沢健二ファンにとって見逃せない貴重なトーク・セッションとなるはず。どうぞ、お楽しみに!

日程
2017年12月3日(日)15時~17時(14時30分開場)
出演
宇野維正(映画・音楽ジャーナリスト)
荏開津広(執筆・翻訳・ディレクション)
(敬称略)
料金
1,500円+ワンドリンクオーダー
会場
本屋B&B(東京都世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F)
下北沢駅南口徒歩30秒
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク