没後40年 熊谷守一 生きるよろこび

2017年12月01日(金)〜2018年03月21日(水)

熊谷守一(くまがい・もりかず 1880‐1977)は、明るい色彩とはっきりしたかたちを特徴とする作風で広く知られます。特に、花や虫、鳥など身近な生きものを描く晩年の作品は、世代を超えて多くの人に愛されています。

その作品は一見ユーモラスで、何の苦もなく描かれたように思えます。しかし、70年以上に及ぶ制作活動をたどると、暗闇でのものの見え方を探ったり、同じ図柄を何度も使うための手順を編み出したりと、実にさまざまな探究を行っていたことがわかります。描かれた花や鳥が生き生きと見えるのも、色やかたちの高度な工夫があってのことです。穏やかな作品の背後には、科学者にも似た観察眼と、考え抜かれた制作手法とが隠されているのです。

東京で久々となるこの回顧展では、200点以上の作品に加え、スケッチや日記などもご紹介し、画家の創造の秘密に迫ります。

明治から昭和におよぶ97年の長い人生には、貧困や家族の死などさまざまなことがありました。しかし熊谷はひたすらに描き、95歳にしてなお「いつまでも生きていたい」と語りました。その驚くべき作品世界に、この冬、どうぞ触れてみて下さい。

日程
2017年12月1日(金)〜2018年3月21日(水・祝)10時〜17時
金、土曜日は20時まで、入館は閉館30分前まで
休み
月曜日(ただし 1月8日、2月12日は開館)
12月28日~2018年1月1日
1月9日(火)、2月13日(火)
料金
一般1,400円、大学生・専門学校生900円、高校生400円
主催
東京国立近代美術館
日本経済新聞社
テレビ東京
出品協力
愛知県美術館、岐阜県美術館、熊谷守一つけち記念館、天童市美術館、豊島区立熊谷守一美術館
特別協力y
柳ケ瀬画廊
会場
東京国立近代美術館(千代田区北の丸公園3-1)
東京メトロ東西線竹橋駅 1b出口より徒歩3分
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク