小林章夫 『フランケンシュタイン』とイギリス文学の想像力——メアリー・シェリーからイシグロまで  紀伊國屋書店Kinoppy=光文社古典新訳文庫 Readers Club Reading Session #36

2017年12月18日(月)

20歳の女性作家シェリーが1831年に発表した小説『フランケンシュタイン』。天才科学者と彼が作り出した人造人間の奇妙で哀切な物語は多くの人々の心をつかみ、何度も絵画化・映像化されてきました。また、シェリーが発した、科学の進歩の延長にある未来は果たして明るいものなのか、という問いは、その後現れた多くのディストピア小説やSF小説のテーマとして普遍的なものとなっており、その後のイギリス文学の想像力の源泉と言えるかもしれません。

今回の読書会では、『フランケンシュタイン』を新訳された英文学者の小林章夫さんをお迎えし、当時の社会について、また本作の魅力と楽しみ方、そしてそこから始まるイギリス文学の豊穣さについて縦横に語って頂きます。

日程
2017年12月18日(月)18時30分~ (開場18時15分)
出演
小林章夫
聞き手:駒井稔(光文社古典新訳文庫・創刊編集長)
(敬称略)
料金
無料
定員
50名
会場
紀伊國屋書店新宿本店8階 イベントスペース(新宿区新宿3-17-7 紀伊國屋書店新宿本店)
JR 新宿駅 東口より徒歩3分
地下鉄丸ノ内線・副都心線・都営新宿線 新宿三丁目駅 B7、B8出口より徒歩1分(地下道より直結)
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク