大阪市立大学 生活科学シンポジウム「超高齢社会における課題を探る」

2018年03月17日(土)

日程
2018年3月17日(土)13時30分~16時30分(開場13時)
出演
研究科長あいさつ 永村一雄(生活科学研究科 研究科長)
趣旨説明 岡田進一(生活科学研究科 副研究科長)総合司会
基調講演 松本一生(医療法人圓生会 松本診療所院長 客員教授)
「地域における認知症高齢者の生活とケアの現状と課題」

シンポジウム「高齢者の地域生活における諸課題」
シンポジスト
・岡田明 (生活科学研究科 教授)
「高齢者の心身機能低下とモノづくり・環境づくり」
・羽生大記 (生活科学研究科 教授)
「高齢者のサルコペニアとロコモティブシンドローム」
・鵜浦直子 (生活科学研究科 講師)
「高齢者の地域生活を支える市民後見人制度」
(敬称略)

料金
無料(申し込み不要)
主催
大阪市立大学大学院 生活科学研究科
会場
大阪市立大学 学術情報総合センター1階 文化交流室
(大阪市住吉区杉本3-3-138)
スポンサーリンク