大谷悠 がくげいラボvol.4「"CREATIVE LOCALなライプツィヒ" で今起こっていること」

このイベントは終了しています

2018年01月20日(土)

がくげいラボは、編集部の「今これが気になる!」に答えてくれる方々をお呼びし、参加者の皆さんを交えてざっくばらんに議論したい!という企画です。

第4回目のテーマは「”CREATIVE LOCALなライプツィヒ” で今起こっていること」。

公共R不動産の馬場正尊さんがまとめ、2017年12月に発刊となった 『CREATIVE LOCAL エリアリノベーション海外編』。日本より先に人口減少・縮退したイタリア、ドイツ、イギリス、アメリカ、チリの地方都市を劇的に変えたエリアリノベーション最前線を追った一冊です。

そして今回のスピーカー、大谷悠さんはドイツ・ライプツィヒ在住の研究者で、第3章の「ドイツ・ライプツィヒ:ハウスプロジェクト ―空き家を地域に開いて共有する」を執筆されました。じつは学芸編集部も、2017年10月に大谷さんの運営する〈日本の家〉におじゃまし、ライプツィヒで実践されているクリエイティブな空き家(空き地)再生の現場を目撃しました。

今回は大谷さんに、ライプツィヒの空き家再生についてお話しいただきつつ、大谷さんが制作された〈日本の家〉の映画上映会を行います。その後、集まってくださった皆さんと、「縮退の先にある風景」について、ゆるく議論をしたいと思います。

なお、当日は16時から vol.3 学芸オープンオフィスも開催! 弊オフィスの内覧会とあわせて、ふるってご参加ください。

日程
2018年1月20日(土)13時~15時(12時30分 開場)
出演
大谷悠
(敬称略)
料金
500円
定員
20名
主催
学芸出版社
会場
学芸出版社 3階(京都市下京区木津屋橋通西洞院東入)
京都駅より徒歩約5分
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク