棟方志功と柳宗悦

2018年01月11日(木)〜2018年03月25日(日)

柳宗悦を生涯を通じて絶対的な師匠と仰いだ版画家・棟方志功。棟方の才能を認め愛し続けた柳宗悦。他力の美を善しとする「民藝」の在り方や、無心に重きを置く柳の考えを具現化したのが棟方であったと言えます。本展では、二人の間に交わされた書簡からその関係性や思索の相違などを探りつつ、そこから生まれた棟方作品の魅力を紹介します。

日程
2018年1月11日(木)~3月25日(日)10時〜17時(入館は16時30分まで)
休み
月曜(祝日の場合は開館し、翌日休館)
料金
一般 1,100円 大高生 600円 中小生 200円
会場
日本民芸館(東京都目黒区駒場4-3-33)
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク