コメンテータ:藤村龍至・小場瀬令二 シンポジウム 遠郊外大型戸建て住宅団地は今 —住宅地開発のその後の動向を追う その3—

このイベントは終了しています

2018年03月02日(金)

少子高齢化・人口縮小時代の現代において、高度経済成長期の文脈の中で量産された住宅団地の抱える問題は大きい。当シンポジウムでは、遠郊外の大型戸建て住宅団地に該当する上郷ネオポリス・鳩山ニュータウン・コモアしおつ・布佐平和台を対象に、それらの現状報告と「ストック活用」「コミュニティ再生」「住宅団地のライフサイクル」をテーマに討論し、遠郊外戸建て住宅団地の未来を探る。

日程
2018年3月2日(金)15時〜17時30分(14時30分受付)
プログラム
①主催者挨拶・趣旨説明 稲見成能(前橋工科大学)
②事例紹介
上郷ネオポリス 瓜坂和昭(大和ハウス工業(株)ネクストライフ事業推進室室長)
鳩山ニュータウン 菅沼朋香(RFA)
コモアしおつ 藤原寛典(積水ハウス(株)技術部部長)
布佐平和台 髙田康則(布佐平和台自治会長)
③討論、質疑応答

司会:片山律(千葉工業大学)
コメンテータ:藤村龍至(東京藝術大学准教授)、小場瀬令二(筑波大学名誉教授)
(敬称略)

料金
一般1,500円、学生無料
申し込みページ
https://www.aij.or.jp/event/detail.html?productId=613336
主催
日本建築学会 関東支部 都市計画専門研究委員会
会場
日本大学理工学部 1号館 第2会場(132教室)(東京都千代田区神田駿河台1-8-14)
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク