萩原健太郎「名作椅子からデザイン史を紐解く」「ストーリーのある名作椅子案内」連動セミナー

このイベントは終了しています

2018年03月10日(土)

人の身体に最も近い家具として日常生活に不可欠な椅子は、有史以来、世界中に数多のデザインが生まれてきました。なかでも近代椅子の概念は、産業革命により機械化・量産化が実現したことから始まります。その象徴がトーネットの椅子です。以降、時代とともにデザインの様式は変遷し、その節目ごとに名作椅子が誕生しています。

本セミナーは、「ストーリーのある名作椅子案内」に連動して開催するものです。名作椅子の歴史と背景を紐解く最新刊の著者を迎えて、名作椅子とデザイン史の関係性について紐解いていきます。

日程
2018年3月10日(土)17時~18時30分
出演
萩原健太郎
(敬称略)
料金
3,000円(税込)
定員
60名
主催
リビングデザインセンターOZONE
会場
リビングデザインセンターOZONE 5F セミナールーム
(東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー)
  • 新宿 JR「新宿」駅南口から徒歩 約12分、都営新宿線「京王新線新宿」駅から徒歩 約10分
  • 初台 京王新線 「初台」駅から徒歩 約6分
  • 都庁前 都営大江戸線「都庁前」駅 A4出口から徒歩 約8分
  • 参宮橋 小田急線「参宮橋」駅から徒歩 約10分
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク