2017年度住まい・まちづくり支援建築会議 全体会議・復興住まい・まちづくりシンポジウム「復興の現場から都市計画へ─岩手、宮城、そして福島─」

このイベントは終了しています

2018年03月17日(土)

日程
2018年3月17日(土)13時30分~17時40分
プログラム
I部 住まい・まちづくり支援建築会議全体会議
全体進行:野澤康(住まい・まちづくり支援建築会運営委員長)
・開催挨拶 古谷誠章(住まい・まちづくり支援建築会議会長)
・2016年度~2017年度事業報告(各部会、復興住まい・まちづくり部会はシンポジウムにて報告)、2018年度事業計画

II部 復興住まい・まちづくりシンポジウム「復興の現場から都市計画へ-岩手、宮城、そして福島-」
東日本大震災発生から7年が経過し、復旧・復興というステージから、将来に向けたまちづくりの場面が次第に顕在化してきている現在、各部会メンバーが関わりながら進めてきているまちづくりの現場の紹介と、そこから明らかになりつつある都市計画の課題、あるいは逆に新たな可能性を提起しつつ、事前復興の現況と今後の展開についても議論したい。

第一部 クロストーク(14:00~16:00)
1.災害危険区域のエリア・マネジメント<大船渡市>
臂徹(キャッセン大船渡)、北原啓司(弘前大学)
2.中心市街地からの復興マネジメント<釜石市>
中島裕之(建設技術研究所釜石復興推進事務所長)、遠藤新(工学院大学)
3.身の丈のストリート・マネジメント<石巻市>
渡辺享子(巻組)/苅谷智大(街づくりまんぼう)、姥浦道生(東北大学)
4.福島が迎える復興のこれからと都市計画
間野博(福島大学)、窪田亜矢(東京大学)

第二部 ラウンドテーブル(16:10~17:40)
出演者:上記登壇者
コメンテーター:小泉秀樹(東京大学)、真野洋介(東京工大)、阿部俊彦(早稲田大)、澤田雅彦(兵庫県立大学)
コーディネーター:三宅諭(岩手大)
(敬称略)

料金
無料
申し込みページ
https://www.aij.or.jp/event/detail.html?productId=613412
会場
建築会館 会議室
(東京都港区芝5-26-20)
  • JR山手線・京浜東北線田町駅(三田口)より徒歩3分
  • 都営地下鉄浅草線・三田線三田駅(A3出口)より徒歩3分
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク