大竹昭子「須賀敦子をよむ・かたる」『須賀敦子の旅路 ミラノ、ヴェネツィア、ローマ、そして東京』(文春文庫)発売記念

2018年03月19日(月)

Titleを開くとき、目指す書店の姿として「コルシア書店」のことが頭にありました。読む人、書く人が行き交い、同じ場所で出版活動も行われている、ミラノの教会の軒先を借りた小さな書店。

そしてそのコルシア書店には、のちに多くの読書家の心をつかむエッセイを書いた、若き日の須賀敦子の姿もありました。

今年は須賀敦子の没後20年にあたる年。このイベントでは、このたび須賀さんの足跡を辿る、『須賀敦子の旅路 ミラノ、ヴェネツィア、ローマ、そして東京』を上梓され、須賀さんとも関わりのあった大竹昭子さんをお招きします。須賀敦子の歩んだ道のりを振り返りながら、いま須賀敦子の文学を読む意味を改めて考えてみたいと思います。ぜひ、ご参加ください。

日程
2018年3月19日(月)19時30分〜21時頃
イベント当日、お店は18時にてクローズ致します
出演
大竹昭子
(敬称略)
料金
1,000円+1ドリンク500円
定員
25名
主催
Title
会場
Title(東京都杉並区桃井1-5-2)
  • JR荻窪駅 北口より青梅街道を西へ徒歩10分
  • JR西荻窪駅 北口より東へ徒歩18分
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク