ブルーノ・タウト 幻の「生駒山嶺小都市計画」を追う

このイベントは終了しています

2018年04月07日(土)

ドイツ生まれの建築家ブルーノ・タウトが、来日中に計画した生駒山嶺小都市計画。昭和の初め、大阪電気軌道(近鉄の前身)の依頼により生駒山上に創られたその計画は、タウトの夢である「都市の冠」そのものだった。地域活動を通じて、この計画をひも解き、生駒山上の歴史に迫った経緯をお話しいたします。

日程
2018年4月7日(土)15時45分~17時(15時30分受付開始)
出演
森 康通(生駒市役所)
(敬称略)
料金
無料
定員
70名(当日先着順・申込み不要)
主催
(公社)日本建築家協会近畿支部奈良地域会
会場
なら100年会館 小ホール(地下1階) 奈良市三条宮前町7番1号
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク