宮本憲一・内藤廣・小野田泰明ほか「復興の技術-その限界と普遍性-」第3回 東京大学 復興デザインフォーラム

このイベントは終了しています

2018年03月10日(土)

日程
2018年3月10日(土)10時〜17時30分
プログラム
午前の部:復興デザイン研究発表会
はじめに 羽藤英二(社会基盤)
若手による減災・復興研究発表 

午後の部:「復興の技術」
はじめに 窪田亜矢(都市工・東大/司会)

基調登壇
内藤 廣(建築家・東大名誉教授)
宮本憲一(環境経済学・大阪市立大名誉教授)「生活環境権と住民自治 -復興の理念をめぐって」

「復興の技術」に関する報告
趣旨:本田利器(新領域・東大)
災害シミュレーションの技術 田島芳満(社会基盤・東大)
最新の津波シミュレーション技術とその活用検討について 阿部洋士(復建調査設計株式会社)
ハザードを把握する技術 牧 澄枝(アジア航測株式会社)
避難所の計画技術 井本佐保里(建築・東大)
仮設住宅と復興公営住宅の計画 大月敏雄(建築・東大)
原発被災後の土地利用管理に向けた実践 李 美沙(復建調査設計株式会社 / 東大)
復興市街地整備の計画と事業 萩原 拓也(都市工・東大)

基調講演
小野田 泰明(建築・東北大)「復興の実装力-東日本大震災復興過程における内部観察から」

パネルディスカッション
パネラー:内藤 廣×小野田泰明×大月敏雄×本田利器×窪田亜矢
司会:羽藤 英二

(敬称略)

主催
東京大学復興デザイン研究体
会場
東京大学本郷キャンパス 工学部1号館15号教室
東京都文京区本郷7-3-1
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク