小野田泰明・家成俊勝・辻 琢磨・竹内申一「地域と建築」

このイベントは終了しています

2018年03月24日(土)

東京や大阪などの大都市ではなく、地方や地域にこそあたらしい建築が生み出される可能性があるのではないか?

そんな声が多くの建築家から聞かれるようになった。
コンパクトな街と経済。現在でも残る地縁。
風土に根差した生活文化や人々の日々の振る舞い。
土地特有の素材や技術。

建築の根拠が求められる現在において、地方や地域は、建築を考えたりつくり出したりする上でのコンテクストや資源に満ちているはずである。一方で、批評的な視点を持たない地域主義は、地域の可能性を閉ざしてしまう危険性をはらんでいる。

今回のシンポジウムでは、様々な地域で魅力的な活動を行われている建築計画学者と建築家をお迎えした。その視点や思考、実践をご紹介頂きながら、地方や地域におけるこれからの建築の可能性について考えたい。

日程
2018年3月24日(土)15時~18時(14時30分開場)
出演
小野田泰明(東北大学大学院教授)
家成俊勝(京都造形芸術大学准教授/ドットアーキテクツ共同主宰)
辻 琢磨(403architecture[dajiba] 共同主宰)
竹内申一(金沢工業大学建築デザイン学科教授)
(敬称略)
料金
無料(要事前申込)
主催
公益社団法人 日本建築家協会 北陸支部 石川地域会
会場
金沢学生のまち市民交流館 交流ホール(金沢市片町2-5-17)
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク