古地図を持って静岡の街を歩いてみよう

このイベントは終了しています

2018年03月24日(土)

静岡市中心部の町並みは駿府城の城下町として発展してきました。昭和15年の静岡大火と昭和20年の静岡大空襲によって建物のほとんどが消失しましたが、その街区はほとんど変化がなく今に続いています。古地図を手にして街を歩き、今と同じところ、違うところを発見するまち歩きイベントです。また、まち歩きの前には、静岡の町並みの歴史や見どころについて、塩見寛氏のレクチャーがあります。その後のまち歩きでも塩見氏の解説を聞きながらとなりますので、新たな発見があること間違いなしです。春休みの最後の週末、親子での参加も大歓迎です。

日程
2018年3月24日(土) 14時~16時30分(受付13時30分)
出演
塩見寛
(敬称略)
料金
1,000円
定員
35名
主催
公益社団法人 日本建築家協会東海支部静岡地域会
集合場所
静岡県教育会館 特別会議室
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク