ルネサンス期の建築エクフラシスの魅惑

このイベントは終了しています

2018年03月25日(日)

日程
2018年3月25日(日)13時30分~17時
プログラム
挨拶:
桑木野幸司(大阪大学)「ルネサンス期の建築エクフラシスの魅惑」
発表:
パウリーナ・スピェホーヴィチ(フランス・高等研究実習院)
「アトランテの城塞からアルチーノの島へ:ルドヴィーコ・アリオスト『狂えるオルランド』における欲望の建築」
岡北一孝(日本学術振興会・大阪大学)
「ピエンツァと建築エクフラシス:15世紀イタリアの理想都市の実現」
稲川直樹(中部大学)
「孤児養育院の開廊再考:ブルネッレスキの実験主義」
古川萌(日本学術振興会・東京藝術大学)
「彼自身の手になる記念物:ヴァザーリの素描集と聖遺物としての素描」
関大輔(大阪大学)
「占星術的ユートピア:アドセンティンから太陽の都へ」
(敬称略)
料金
無料
定員
54名(事前申込不要・当日先着順)
主催
桑木野幸司ー科研基盤(B)テクストの中の建築成果報告シンポジウム
会場
大阪大学中之島センター 講義室201
大阪府大阪市北区中之島4-3-53
アクセス:https://www.onc.osaka-u.ac.jp/others/map/
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク