永田千奈 世界でもっとも愛されている恋愛物語『椿姫』の魅力 紀伊國屋書店 Kinoppy = 光文社古典新訳文庫 Readers Club Reading Session #39

このイベントは終了しています

2018年03月26日(月)

1848年の刊行以来、演劇やオペラ、そして映画にバレエ、ミュージカルにとさまざまな形で再現され、世界でもっとも愛されている小説が『椿姫』です。

パリの社交界で金持ちの貴族を相手に奔放な日々を送る美貌の高級娼婦マルグリットは、ある日青年アルマンと出会います。アルマンの誠実さにこたえるうち、真実の愛に目覚めた彼女は享楽的な生活を捨て、パリ近郊の別荘で二人は暮らし始めるのですが、そこに訪ねて来たのはアルマンの父でした……。

物語の始まりにあるマルグリットの墓を掘り起こすシーンからして衝撃的です。アルマンの父による説得と彼女の決断。愛憎半ばするパリに戻ってからの生活。そして結末で明かされる衝撃の真相は、涙なくしては読めません。今回の読書会では、この『椿姫』の魅力について、翻訳者の永田千奈さんに語ってもらいます。

日程
2018年3月26日(月)18時30分~(開場18時15分)
出演
永田千奈
駒井稔(光文社古典新訳文庫・創刊編集長)
(敬称略)
料金
無料
定員
50名
会場
紀伊國屋書店新宿本店 9階イベントスペース
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク

関連アーカイブ