JIA-KIT 建築アーカイヴス 宮脇檀 手が考える 建築家・宮脇檀のドローイング展 巡回展@神戸

2018年07月13日(金)〜2018年07月24日(火)

建築家でエッセイスト、その語り口は軽妙洒脱かつユーモラス、ダンディであり旅の達人であり美食家であり椅子のコレクターであり、生活を楽しむ天才であり多芸多才。そしてめっぽう絵がうまい。

手が動く・手が考える !

コンピューターグラフィックスが全盛の時代にあって、宮脇の描く建築のパースやスケッチは情感に溢れ、手業の素晴らしさを教えてくれる。それは建築家の原点でもある。そんな宮脇のフリーハンドグラフィックスを原図で、宮脇没後19年の今ここに展覧する。

日程
2018年7月13日(金)~7月24日(火)10時~17時30分
主催
NPO法人建築文化継承機構
共催
金沢工業大学
協力
宮脇檀建築研究室
後援
(公社)日本建築家協会、(一社)日本建築学会
会場
こうべまちづくり会館 B1ギャラリー
兵庫県神戸市中央区元町通4-2-14
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク