西澤徹夫・日比野克彦・吉川由美・服部浩之・三澤一実 八戸市の新しい美術館を考えるシンポジウム vol.2

このイベントは終了しています

2018年03月25日(日)

八戸市では、平成32年度の開館に向け、新しい美術館の建設準備を進めています。
八戸の未来を創造する美術館とは、どんな美術館なのか。各界でご活躍の有識者の方々をお招きし、市民の皆様と共に考える場として、シンポジウムを開催します。

日程
2018年3月25日(日)9時30分~13時15分
出演
1.新美術館整備事業についての説明
2.講演Ⅰ「八戸市新美術館基本設計について」
講師:西澤徹夫(西澤徹夫建築事務所・タカバンスタジオ設計共同体代表)
3.講演Ⅱ「八戸市新美術館の可能性について」
講師:日比野克彦(東京藝術大学美術学部長/岐阜県美術館長/アーティスト)
4.パネルディスカッション 「八戸の未来を創造する美術館とは?」
ファシリテーター兼パネリスト:吉川由美(有限会社ダ・ハ プランニング・ワーク代表取締役)
パネリスト:服部浩之(インディペンデント・キュレーター)
パネリスト:三澤一実(武蔵野美術大学教授)
コメンテーター:日比野克彦
(敬称略)
料金
無料
定員
60名(要事前申込・先着順)
主催
八戸市
会場
八戸ポータルミュージアム はっち 5階共同スタジオ
(青森県八戸市三日町11-1 )
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク