松本卓也『享楽社会論』(人文書院) × 大澤聡『教養主義のリハビリテーション』(筑摩選書)刊行記念

このイベントは終了しています

2018年05月27日(日)

欠如を抱えた存在から、欠如のない存在へと、現代の人間は移行しているのではないか。つまり精神分析的人間からポスト精神分析的人間へ(『享楽社会論』)。大澤さんが『1990年代論』で掲げた「ポスト・ヒストリー」とも重なり、現代社会を俯瞰する上で極めてクリティカルとなるこの問いを、それぞれ新著を上梓した気鋭の論客が考えます。

「歴史=人間」の否定が進んでいるなかで教養はいかにして可能なのでしょうか。

日程
2018年5月27日(日)13時~15時(開場12時30分)
出演
松本卓也
大澤聡
(敬称略)
料金
1,000円(税込)
定員
80名
主催
梅田 蔦屋書店
共催
人文書院/筑摩書房
会場
梅田 蔦屋書店 4thラウンジ
(大阪府大阪市北区梅田3-1-3 ルクア イーレ)
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク