服部桂 × 柳瀬博一「メディアがわかりたいならマクルーハンを読め」
『マクルーハンはメッセージ メディアとテクノロジーの未来はどこへ向かうのか?』(イースト・プレス)刊行記念

2018年05月31日(木)

「メディアはメッセージである」「グローバル・ビレッジ」等のフレーズで、1960年代に時代の兆児となったマーシャル・マクルーハン。カウンター・カルチャーの中で教祖として崇められた彼は、メディアというものを独特な表現で理論化し、その本質をとらえました。

彼が用いた言葉や理論は、その後インターネットの出現で改めて甦り、ベストセラー『〈インターネット〉の次に来るもの』を著したケヴィン・ケリー氏も繰り返し言及するなど、世界的に再評価の機運は高まっています。

マクルーハンにとってメディアとは何か、それはどこへ向かうのか。

5月17日発売の新刊『マクルーハンはメッセージ:メディアとテクノロジーの未来はどこへ向かうのか?』(イースト・プレス)では、ケヴィン・ケリー氏の翻訳でもおなじみの服部桂さんが問うています。

今回トークイベントのゲストにお迎えする柳瀬博一さんは、この春より東京工業大学でメディア論を教えています。元日経BP社の名物編集者にして敏腕プロデューサー。マクルーハンに言及した原稿も数多く書いています。

現場を熟知したお二人が、改めてメディアというものを考えるときに、マクルーハンという切り口がどのように有効なのか、そして今後のメディアとテクノロジーのゆくえをどう考えていけばよいのか、縦横無尽に語っていきます。

日程
2018年5月31日(木)20時~22時(19時30分開場)
出演
服部桂(翻訳家)
柳瀬博一(東京工業大学教授)
(敬称略)
料金
前売1,500円 + ワンドリンクオーダー
当日店頭2,000円 + ワンドリンクオーダー
会場
本屋B&B
(東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F )
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク