坂倉準三・池辺陽・大髙正人・吉阪隆正+U研究室「建築からまちへ 1945 – 1970 戦後の都市へのまなざし」

2018年06月09日(土)〜2018年09月09日(日)

平成30年度収蔵品展は、1945-1970年という戦後復興・高度経済成長の時代を広い意味で〈戦後〉として捉えて企画いたしました。この時代は、往々にして効率重視の、急激な近代化・都市化・工業化・機械化の動きが注目されがちです。しかし、〈戦後〉に活躍した建築家たちの活動の中には、21世紀の今、私たちが真剣に求めている豊かな〈まち〉の再構築、それを支える〈都市へのまなざし〉の萌芽的な例が、すでに多様なかたちで見いだされます。

今回の展示では、当館が収蔵している坂倉準三、吉阪隆正+U研究室、大髙正人などの建築資料群から、整理・分析により見えてきた、これまでの展覧会では十分に紹介できなかった彼らが思い描いた〈まち〉や〈都市〉に関連する資料を展示します。さらに、修復が完了した池辺陽の「渋谷区復興計画案」の全容も紹介いたします。

日程
2018年6月9日(土)〜9月9日(日)10時〜16時30分
休み
会期中無休
料金
[展覧会のみ閲覧]平日のみ利用可能
湯島地方合同庁舎正門よりご入館ください。
入館無料

[都立旧岩崎邸庭園と同時観覧]
都立旧岩崎邸庭園よりご入館ください。
旧岩崎邸庭園の入園料(一般)400円が必要です。

主催
文化庁
協力
公益財団法人東京都公園協会
監修
川向正人(当館主任建築資料調査官、東京理科大学名誉教授)
企画
文化庁国立近現代建築資料館
展示構成協力
齊藤祐子(建築家、サイト一級建築士事務所代表)
中島直人(東京大学准教授)
難波和彦(当館主任建築資料調査官、東京大学名誉教授)
山名善之(東京理科大学教授)
会場
文化庁 国立近現代建築資料館
(東京都文京区湯島4-6-15)
  • 東京メトロ千代田線「湯島」駅 下車 徒歩8分
  • 東京メトロ銀座線「上野広小路」駅 下車 徒歩10分
  • 都営地下鉄大江戸線「上野御徒町」駅 下車 徒歩10分
  • JR山手線「御徒町」駅 下車徒歩15分
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク