菅 木志雄「広げられた自空」

2018年05月25日(金)〜2018年06月30日(土)

小山登美夫ギャラリーでは菅 木志雄展「広げられた自空」を開催し、最新作約20点を発表致します。

菅木志雄は、60年代末〜70年代にかけて起きた芸術運動「もの派」の主要メンバーであり、同時代を生きる戦後日本美術を代表するアーティストとして、独自の地平を切り開いてきました。 インド哲学などの東洋的思想に共鳴した自身の哲学を基に、石や木、金属といった「もの」同士や、空間、人との関係性に対して様々なアプローチをしかけ、「もの」の持つ存在の深淵を顕在化すべく作品制作をしています。「もの派」への再評価が確固たるものになった今日もなお菅はその思考を深化させ、尽きる事のない制作への情熱が、作品の現在性を生んでいると言えるでしょう。

日程
2018年5月25日(金)〜6月30日(土)
休み
日、月曜日 及び 祝日
料金
無料
出展作家
菅 木志雄
(敬称略)
会場
小山登美夫ギャラリー
(東京都港区六本木6-5-24 complex665 2F)
会場の場所をGoogleマップで開く
合周 Merged Surrounding  2018  wood, acrylic  h.182.0 x w.133.2 x d.12.7 cm ©Kishio Suga
スポンサーリンク