想田和弘 × 武田砂鉄 × マーク・ノーネス「不思議な〈世界〉の切り取り方」『THE BIG HOUSE アメリカを撮る』(岩波書店)刊行記念&映画『ザ・ビッグハウス』公開記念

2018年06月05日(火)

今春、映画『港町』が公開・絶賛され、息つく間もなく次回作『ザ・ビッグハウス』が公開間近の想田和弘さん。初めてアメリカで撮った観察映画『ザ・ビッグハウス』製作の背景とアメリカ再発見の日々を『THE BIG HOUSE アメリカを撮る』(岩波書店)で書き下ろしました。

全米最大のアメフトスタジアム「ザ・ビッグハウス」に集い、働く人々にカメラを向けるというこのプロジェクトは、折しもアメリカ大統領選挙の真っ只中に撮影。これまでの作品とはかなり勝手の違う、学生たちとの共同作業や編集過程での悪戦苦闘などについて、ユニークな社会事象の切り口で知られるライターの武田砂鉄さんと語っていただきます。

また、特別ゲストとして当日は、この映画『ザ・ビッグハウス』製作プロジェクトに想田さんを誘い込んだご本人にして共同監督、日本映画研究者として知られるマーク・ノーネスさんにもご登壇いただき、本作の見所や世界のドキュメンタリー映画事情、大学芸術系学部の学びの実態など、貴重なお話を伺いたいと思います。どうぞお楽しみに!

日程
2018年6月5日(火)19時~20時30分(18時30分開場)
出演
想田和弘(映画作家)
武田砂鉄(ライター)
マーク・ノーネス(ミシガン大学映像芸術文化学科・アジア言語文化学科教授)
(敬称略)
料金
1,350円
定員
110名
会場
青山ブックセンター本店
(東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山ガーデンフロア B2F)
  • 表参道駅B2出口 徒歩7分
  • 渋谷駅 (東口/宮益坂側) 徒歩13分
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク