記録された日本美術史 — 相見香雨、田中一松、土居次義の調査ノート展 —

このイベントは終了しています

2018年06月25日(月)〜2018年08月11日(土)

作品の調査と記録は、いつの時代も美術史研究の出発点です。日本における美術史学が草創期から形成期に入った大正・昭和期、幅広く数多く調査を続けた、相見香雨(1874~1970)田中一松(1895~1983)土居次義(1906~91)。三人の研究者の調査ノートには、三者三様の流儀で作品の記録が連ねられています。当時は、撮影や複写が容易でないことに加え、社会情勢の変化によるコレクションの散逸や、災害や戦争による文化財の破損など、作品をめぐる状況が揺れ動き、目の前の作品の記録をとる行為の切実さは一際強いものでした。三者の記録を通して、美術史学の歩みを回顧すると同時に、調査ノートにとどめられた研究者の目の記憶を再現します。

日程
2018年6月25日(月)~8月11日(土・祝)10時〜17時(入館は16時30分まで)
休み
日曜・祝日
ただし8月11日(土・祝)は開館いたします
料金
無料
主催
京都工芸繊維大学美術工芸資料館
実践女子大学香雪記念資料館
後援
美術史学会
協力
京都・大学ミュージアム連携
会場
京都工芸繊維大学 美術工芸資料館
(京都市左京区松ヶ崎橋上町)
市営地下鉄「松ヶ崎」駅下車1番出口から右(東)へ約400m、四つ目の信号を右(南)へ約180m進む。 京都バス高野泉町駅下車、馬橋を渡り左へ約200m進む。
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク