2018年度 第1回 地区防災学会シンポジウム 九州北部豪雨から1年を振り返って ~ 九州北部豪雨の教訓と地域防災力の在り方~

このイベントは終了しています

2018年07月28日(土)

40名以上の死者・行方不明者を出した九州北部豪雨から1年が経過しました。記録的な短時間 での降雨による災害が残した教訓には多様なものがあります。本シンポジウムでは、九州北部豪雨 の教訓を踏まえたコミュニティや企業による地域防災力の強化や地区防災計画づくりの在り方につ いて考えます。

日程
2018年7月28日(土)13時~16時半予定(開場12時30分)
出演
司会 尾方義人 九州大学芸術工学研究院准教授

報告
室﨑益輝 兵庫県立大学教授(地区防災計画学会会長)
矢守克也 京都大学防災研究所教授
加藤孝明 東京大学生産技術研究所准教授
林 秀弥 名古屋大学大学院法学研究科教授
縄田健悟 福岡大学人文学部講師
前田享史 九州大学芸術工学研究院教授
朝廣和夫 九州大学芸術工学研究院准教授
中村美亜 九州大学芸術工学研究院准教授
藤 智亮 九州大学芸術工学研究院准教授

パネルディスカッション「地区防災の本質と多様」
モデレーター:西澤雅道 前福岡大学法学部准教授(内閣官房企画調整官)
パネリスト :室﨑益輝、矢守克也、加藤孝明、林 秀弥、朝廣和夫、中村美亜、尾方義人

(敬称略)

料金
無料
定員
150名(事前申し込み制)
主催
地区防災計画学会
情報通信学会災害情報法研究会
九州大学応用生理人類学研究センター
後援
日本生理人類学会
(公財)江頭ホスピタリティ事業振興財団 他
会場
九州大学 大橋キャンパス 多次元デザイン実験棟
福岡県福岡市南区塩原4-9-1
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク