谷口 与史也「地震と建物 — 大阪市域を例として — 」大阪市立大学 公開講座 防災講座「自然災害と都市」

このイベントは終了しています

2018年09月28日(金)

人口密集している都市部の地震被害は様々な拡大要因によりその程度は予測できないものです。しかし街に暮らす私たち自身が一人ひとり考えることによりその拡大要因を小さなものにできることも事実です。今回は地震と建物の関係について復習し、大阪市域を例として減災、防災について考えてみたいと思います。

日程
2018年9月28日(金)18時30分~20時
出演
谷口 与史也
大阪市立大学大学院 工学研究科 教授/都市防災教育研究センター 兼任研究員
(敬称略)
料金
500円
定員
120名(事前申し込み制・先着順)
16歳以上の方 住所・勤務地に関係なく申し込めます。
主催
大阪市立大学
会場
大阪市立大学 文化交流センター ホール
(大阪駅前第2ビル 6階)
大阪市北区梅田1‐2‐2‐600
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク