新国立公文書館の建設と憲政記念館の行方 — その歴史的、建築的価値をめぐって

このイベントは終了しています

2018年07月20日(金)

日程
2018年7月20日(金)10時〜12時30分
出演
「憲政記念館と新国立公文書館の『合築』について」(尾崎行雄記念財団 咢志会幹事 山家又祐)
「ドコモモの活動と選定建築物全体の意味」(京都工芸繊維大学教授 松隈 洋)
「憲政記念館の建築的価値について」(千葉工業大学准教授 藤木竜也)
「近現代建築の再生について」(鹿児島大学教授 鯵坂 徹)
「尾崎行雄と憲政記念館」(学堂会代表 原不二子)
(敬称略)
料金
2000円、学生無料
定員
140名(事前申し込み制)
主催
学堂会
DOCOMOMO Japan
後援
公益社団法人 日本建築家協会
会場
衆議院第二議員会館 1階 多目的会議室
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク