JSURPまちづくりカレッジ2018「プランニングの“これまで”と“これから”〜 都市制度の系譜とこれからの都市計画理論 〜」

2018年09月05日(水)〜2018年11月19日(月)

都市にまつわる制度(以下、都市制度)は、年を重ねるたびに多様化・高度化し、推進力をもった取組みが増えています。それに伴い、それを使いこなす側の力量の向上も求められる中、多様化・高度化する都市制度の課題を認識し、その場に合わせた創意工夫を凝らすなど、技術開発も盛んです。

本講座では、都市制度の系譜をたどりながら、制度創設の背景や今日に至る取組みの発展性を認識しつつ、近年潮流となっている取組みに焦点を当てる。現場において、都市制度がどのような役割、効果を発現し、プラン立案者側が都市制度をどう使い、どのように創意工夫しているのか、また現在どのような課題があるのか、参加者と一緒に考え、これからのプランニングを探ります。

日程
第1回 9月5日(水)19時〜21時
「都市にまつわる制度の系譜」
講師:佐々木晶二/元国土交通省

第2回 9月20日(木)19時〜21時
「大都市中心部の都市再生の潮流」
講師:田島 泰/(株)日本設計 常務執行役員 都市計画群長

第3回 10月2日(火)19時〜21時
「エリアリノベーションの現場からみた都市計画への課題と期待」
講師:嶋田洋平/らいおん建築事務所 代表取締役

第4回 10月30日(火)19時〜21時
「観光手法と都市計画手法を活かした地域産業の活性化」
講師:川原 晋/首都大学東京都市環境学部観光科学科 教授

第5回 11月19日(月)19時〜21時
郊外住宅地・団地の形成と再生
講師:中西 正彦/横浜市立大学国際総合科学学部まちづくりコース 准教授

料金
全5回 一般20,000円、学生5,000円
定員
35名(事前申し込み制)
プロデュース
関宏光・佐々木晶二
主催
認定NPO日本都市計画家協会
会場
CITY LAB TOKYO
東京都中央区京橋三丁目1-1 東京スクエアガーデン6F
スポンサーリンク