空き家の設計・まちの設計 勉強会

このイベントは終了しています

2018年08月21日(火)

現在800万戸の空き家が15年後には2,100万戸を超え3戸に1戸が空き家になる能性があると言われています。そこで建築士の立場で何ができるのか?行政と協力できることは何があるのか?具体的な用途変更や事例など、空き家を通して京都のまちを考える勉強会です。

日程
2018年8月21日(火)19時~21時
出演
田邉昌士
京都市都市計画局まち再生・創造推進室 空き家対策係長
(敬称略)
料金
一般1,000円
定員
60名
主催
一般社団法人 京都府建築士会
会場
総合資格学院京都校
京都市下京区四条通西洞院東入郭巨山町18番地
ヒラオカビル 6F
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク