馬寄団地解剖ミュージアム オープンセミナー in 北九州

2018年08月18日(土)

昭和20年代、日本で初めてダイニングキッチンを導入した馬寄団地が、今年9月に解体され60年以上の歴史に幕を下ろします。

セミナーでは、日本の生活スタイルを大きく変えた住居デザインを九産大建築都市工学部の教員が解説し、セミナー終了後は、馬寄団地に移動し、基礎部分の構造が見られる部屋や当時と今の間取りを比較できる部屋などを見学します。

日程
2018年8月18日(土)
午前の部 11時〜13時(受付:10時30分)
午後の部 14時〜16時(受付:13時30分)
出演
九州産業大学 建築都市工学部住居・インテリア学科
福山秀親 教授、諫見泰彦 准教授、信濃康博 准教授
(敬称略)
料金
無料
定員
各回15名(事前申し込み制)
申込み先は下記詳細ページをご覧ください。
主催
九州産業大学 建築都市工学部住居・インテリア学科
会場
大里南市民センター2階 会議室(北九州市門司区原町別院13番27号)
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク