涯 テノ詩聲 詩人 吉増剛造展@松濤美術館

2018年08月11日(土)〜2018年09月24日(月)

吉増剛造(1939~)は、1960年代から現在にいたるまで、日本の現代詩をリードし続けてきました。その活動は、詩をはじめとすることばの領域にとどまらず、写真や映像、造形など多岐に広がり、私たちを魅了し続けています。

常にことばの限界を押し広げてきた吉増の詩は、日本各地、世界各国をめぐり、古今東西、有名無名の人々との交感を重ねる中で綴られてきました。本展では、半世紀以上におよぶ活動の中から、各時代の代表的な詩集を柱とし、詩や写真をはじめとする吉増の作品群に加えて、吉増が言及してきた吉本隆明、西脇順三郎、瀧口修造、萩原朔太郎といった関連するさまざまな表現者の作品や資料をともに展示します。

日程
2018年8月11日(土・祝)~9月24日(月・休)
休み
8月13日(月)、20日(月)、27日(月)
9月3日(月)、10日(月)、18日(火)
料金
一般500円、大学生400円、高校生・60歳以上250円、小中学生100円
主催
渋谷区立松濤美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
協賛
ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜、日本テレビ放送網
会場
松濤美術館
東京都渋谷区松濤2-14-14
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク