荒俣宏 × 藤森照信「帝都物語からみる文化資源区のまち」
地図からみる帝都物語と東京文化資源区第2回トークセッション

このイベントは終了しています

2018年10月18日(木)

東京文化資源会議と三区文化資源地図協議会では、2018年10月18日(木)18時30分より、荒俣宏氏と建築家・藤森照信氏をお迎えして東京大学本郷キャンパス ダイワハウス石橋信夫記念ホールにて、第2回トークセッション「帝都物語からみる文化資源区のまち」(地図からみる帝都物語と東京文化資源区連続トークセッション)を開催いたします。

昭和60年に発表された作家荒俣宏氏のデビュー作「帝都物語」は、近代都市としての帝都東京の発展、震災と戦災からの復興、崩壊に至る、幕末から近未来( 昭和七三 年)までの物語であり、怪人加藤と東京の地霊である平将門、渋沢栄一、後藤新平、早川徳次、寺田寅彦、幸田露伴、今和次郎など、それぞれの時代・立場から帝都東京が描かれています。地図アーカイブの構築に取り組む、三区(千代田・文京都・台東)文化資源地図協議会では、帝都物語の世界を介し、東京都心北東部の都市の形成の要所と特徴を読み解く、地図カタログの作成に取り組んでいます。

第二回目のトークセッションでは、荒俣氏と、作中にも登場される建築家・建築史家の藤森照信氏をお迎えし、江戸から明治・大正・昭和の都市と建築の物語とこれを舞台に展開された帝都物語の世界の交差について語っていただきます。

日程
2018年10月18日(木)18時30分~(開場18時)
出演
トークセッション 荒俣宏・藤森照信
司会・聞き手 真鍋陸太郎(東京大学・東京文化資源会議)
地図ナビゲーター 片桐由希子(首都大学東京・東京文化資源会議)
(敬称略)
料金
無料
定員
130名(事前申し込み制・先着順)
主催
東京文化資源会議・三区文化資源地図協議会
会場
東京大学本郷キャンパス ダイワハウス石橋信夫記念ホール
東京都文京区本郷7丁目3-1 ダイワユビキタス学術研究館
会場の場所をGoogleマップで開く
詳細ページ
http://tohbun.jp/post-1773/
スポンサーリンク