一般社団法人日本民俗建築学会 平成30年度公開シンポジウム 
地域を支える学校建築の意義と活用

2018年10月27日(土)

日程
2018年10月27日(土)13時~16時(開場12時30分)
出演
基調講演
「学校建築の保存と再生 — 使い続けることの意味 —」
曲田清維(愛媛大学名誉教授/愛媛大学社会連携推進機構客員教授)

報告
(1)「開明学校と地域のかかわり」
堀内八重(宇和先哲記念館・開明学校館長)
(2)「日土ひづち小学校と私」
眞田井良子(眞田井良子建築・まち育て研究所主宰/NPO法人八幡浜元気プロジェクト副代表理事)
(3)「尾道の建物再生の経験と課題 — 空き家の活用と2つの小学校 — 」
渡邉義孝(NPO尾道空き家再生プロジェクト理事/一級建築士)

パネルディスカッションパネリスト
曲田清維/堀内八重/眞田井良子/渡邉義孝
コーディネーター:竹下浩子(愛媛大学)

(敬称略)

料金
無料(事前申し込み不要)
主催
一般社団法人日本民俗建築学会
会場
愛媛大学 城北キャンパス 南加記念ホール
愛媛県松山市文京町3番
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク