WAKITA MUSEUM OF ART 建築ワークショップ Vol.15 
吉村順三の建築 創造の拠点・画家のアトリエ

このイベントは終了しています

2018年10月06日(土)

旧軽井沢に建つ脇田美術館。館に隣接する脇田和のアトリエ山荘は、1970年に脇田和の友人である吉村順三氏の設計により建てられた、日本のモダニズム建築として知られる別荘住宅です。

美術館では1991年の開館以来、様々なアートの形を提唱し、芸術の交流・発信の拠点として活動を続けています。

その意味に於いても、より多くの方が「建築」を思考し芸術に触れる機会を設け、また、永らくアトリエ山荘の維持保存に努めて行きたいと考えます。当館では現在も建設時とかわらず現存するアトリエ山荘を一般公開すると共に、ゲストを招いたシンポジウム等、「建築」を様々な視点や角度から捉えた定期的な勉強会を開催しております。

日程
2018年10月6日(土)13時〜17時30分(受付12時30分)
出演
酒井忠康(世田谷美術館 館長)
内藤 廣(建築家・東京大学名誉教授)
(敬称略)
料金
3,800円
定員
150名
主催
脇田美術館
会場
脇田美術館
長野県北佐久郡軽井沢町旧道1570-4
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク