建築 × 写真 ここのみに在る光

2018年11月10日(土)〜2019年01月27日(日)

現存する最も古い写真は、1827年にジョセフ・ニセフォール・ニエプスによって撮影された、窓から見えた「たてもの」の一角でした。 写真と建築の関係は写真の黎明期の時代から密接にかかわっています。初期の写真技術では人や動物など動くものは撮影には向いておらず、動かない建物は格好の被写体となったのです。

また19世紀末は都市開発が進み、街の変貌が著しい時期でした。壊されていく建築や出来たばかりの建築を記録するために、写真という新しい技術が盛んに使用されました。そして現在にいたるまで、多くの建築が撮影されています。

本展では東京都写真美術館のコレクションを中心に、さまざまな建築を捉えた写真を展示します。写真が発明された頃からどのような建築が写されてきたのか、そして現代の写真家がどのように建築と関わって撮影をしてきたのかを紹介します。 その中には、今では存在しないものや、実際に見ることが困難なものも少なくありません。写真家の眼を通した建築の魅力をご堪能ください。

日程
2018年11月10日(土)〜2019年1月27日(日)10時〜20時
入館は閉館時間の30分前まで
休み
月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し、翌平日休館)
料金
一般600円 学生500円 中高生・65歳以上400円
出展作家
石元泰博
ジャン=バティスト・ルイ・グロ
江崎礼二
ベエニス・アボット
渡辺義雄
原直久
宮本隆司
細江英公
(敬称略)
主催
東京都
東京都写真美術館
会場
東京都写真美術館
東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク