金重明 × 足立恒雄「数学は革命の夢を見るか」『ガロアの論文を読んでみた』(岩波書店)刊行記念

このイベントは終了しています

2018年09月29日(土)

9月21日、岩波科学ライブラリーから金重明さんの『ガロアの論文を読んでみた』が発売されます。

数学史にその名が燦然と輝くエヴァリスト・ガロア。共和主義者としてフランス革命にも参加し、そして決闘に斃れたわずか20年の生涯は、いまなお私たちの胸をうつものがあります。

決闘の前夜、ガロアは「僕にはもう時間がない」と述べつつ、同時代の数学者にはまったく理解されなかった論文を徹夜で見直すとともに、いずれ新たな論文としてまとめる予定だった構想中の数学理論の概要を遺書としてしたためました。

金重明さんは、本書によって、一般には難解とされるガロアの論文をたんねんに解きほぐし、ガロアが目指した数学とはいったい何だったのかを解明しようとチャレンジします。

ガロアがこの論文の最初のバージョンを完成させたのは17歳のとき。この論文は確かに洗練されたものではありませんでした。記述は極めて簡潔で証明も省略が多く、議論を追っていくだけでかなり苦労しながらも金重明さんは、この「少年」が当時の数学をはるかに超越し、時代を先取りしていたことを見出します。

数学の専門家である足立恒雄さんは、アミーア・アレクサンダー著『無限小—世界を変えた数学の危険思想』を翻訳し、その中で、微積分学の基礎となるアイデア「無限小」が、「地動説」以上に教会や絶対王政の支配層による弾圧を受けながらも、それに抗した数学者たちの闘いによって、後の科学的進歩や政治的改革につながったとする数学史の一断面を紹介しました。

数学と革命、一見、縁のなさそうなお題ですが、「数学の本質はその自由性にある」と述べた数学者もいるくらいで、どちらにとっても、意味のない「権威」と闘うところが共通点でもあると言えます。今回の企画では、その自由な数学の魅力、ガロアが目指したもの、諸説あるガロアの死の真相など、お二人に闊達に語っていただきます。

日程
2018年9月29日(土)15時~17時(14時30分開場)
出演
金 重明
足立恒雄
(敬称略)
料金
前売 1,500円 + ワンドリンクオーダー
当日店頭 2,000円 + ワンドリンクオーダー
会場
本屋B&B
(東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F )
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク