建築家フォーラム 第172回「東京都庭園美術館における文化財建造物と庭園の復原と活用」

このイベントは終了しています

2018年10月23日(火)

東京都庭園美術館は、旧朝香宮邸を中心として、その美しい庭園とともに一般公開してきた美術館であります。その本館は昭和8年に竣工し、アンリ・ラパンの内装デザイン、入口部のルネ・ラリックのガラス工芸など20世紀初頭の日本のアール・デコ様式を代表する建築として知られています。

安東直さんを中心とする設計チームは、美術館の計画から今年の全館開館まで、一連の整備事業を9年間に亘って担当してきました。本館の修復・復原と新館増築の設計、庭園、茶室、付属建物の復原と改修など、文化的な価値を尊重しながらの設計はさぞや大変なご苦労があったに違いありません。この成果が評価され、平成27年に本館と共に茶室・車庫・倉庫・正門等の建物群が国指定重要文化財に指定されました。

社会的なストックをどのように活用して行くかが問われる今日ですが、この度、安東さんに東京都庭園美術館の設計プロセスや設計手法を紹介していただく貴重な機会をいただきました。皆さま、奮ってご参加ください。(紹介文:安田幸一)

日程
2018年10月23日(火)18時30分~20時(受付18時)
予約締め切り
10月19日(金)
出演
講演者:安東 直(株式会社久米設計 常務執行役員 設計本部 副本部長兼設計長)
聞き手:安田幸一(東京工業大学教授/安田アトリエ主宰)
(敬称略)
料金
一般ビジター 2,000円 学生・院生ビジター 1,000円
主催
建築家フォーラム
会場
大光電機株式会社
東京都墨田区両国4-31-17 両国ビル 10F
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク